読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代断酒ウーマンの記録

飲酒暦19年ウーマンの断酒記録です! 失敗しても、絶対あきらめない! 自分を変えるのは、自分しかいないから。親でも家族でも、医者でもない。最終的には、みんなの助けを借りながらも、自分の力で人生を手に入れる!でもそのためには孤独に耐えられない寂しがり屋の30代ウーマンのブログです。

炭酸水とクエン酸で乗り切ってます《断酒14日目》

わたしは酒飲んでるときは

もっぱら「ビール」か「チューハイ」。

たまーに梅酒ロック。

 

だいたいソフトドリンクなんかも炭酸コーラが好きだったり

もともと刺激物バカになってる。

 

 

断酒を決心してから、

だいたい、酒飲まないなら「じゃあ、何をのめばいいの?」

って、急に手持ちぶさたな気分になる。

 

そこで、いろんなブログやサイトを見てみると

だいたいみんな、「炭酸水」や、さらにそこに「クエン酸」を混ぜたりして

紛らわしてるらしいことがわかった。

 

<参考記事>

のみすけ師匠(勝手に師匠と呼ばせてもらってますww)

nomisuke.hatenadiary.jp

 

 

試してみたら、もともと炭酸水自体は好きだったので、

ナイス!!!!!

刺激もあるので、なんとなく

「飲んでる感」があって、いい。

 

わたしの場合は、1リットルの炭酸水(スーパーで88円)に、クエン酸を小さじ1入れたあと

ちょびっとだけ「はちみつ」か「オリゴ糖」を入れてる。

すこーしまろやかになるのでオススメ。

でも一気に入れると炭酸が"爆発"するから注意!!! 

 

もちろんアルコール外来で処方してもらった

安定剤を飲んでるから、少しは苦しみが紛れているのもあるだろうな。

 

こういう風に、ひとつひとつ、模索しながら1日、1日を戦っています。

 

 

 

ランチで定食屋に張っている某企業のビールのポスター。

 

TVで毎日毎日、繰り返し流れる酒のCM。

 

24時間空いているコンビニやスーパーに買い物に行くと、どうしても酒コーナーがこっちを見ている気がする。

 

否が応でも、酒が目に入ってくる精神的な苦しみ。

 

 

「もうこんなCMやめてほしい」「ポスターなどはがしてほしい」「酒を売る場所を隔離してほしい」と願っても、

現実社会はわたしの一存では変えられない。

 

だから、自分が変わるしかない。

 

いっそのこと、一切酒のない世界に行けたら楽だろうに。

今日も、飲まない1日でありますように。

 

がんばれ、がんばれ、自分。

 

3月に突入!《断酒13日目》

順調です!!

 

朝の犬のお散歩の時に。体調の変化が著しい。

 

旦那に無理矢理起こされなくても、すんなり目覚める。

そしてまず、吐き気がない!笑

おぇーきもちわりー…飲まなきゃ。

 

吐き気に耐えながら、酒をさがすことから 始まる1日。

 

 

まだ、すがすがしい、とはいいがたいが

絶対的に違う、体の重さ。

邪気が抜けてる感じ。すこーしだけね。笑

でも、あの地獄のような朝に比べたら、全然まし。 

 

まだ、半月も経ってないけどさ。

 

 

でも、体から酒が抜けてる。気持ちいい。頭クリアになって、昼間もめちゃめちゃ有意義に活動できてる!!!!!

あー、感動。。。

 

 

このまま、平和な日が続いて

自分、やったじゃん!スゲーじゃんって思いたい。

 

そして、いつか

こころから、

「あんなもん飲んでるやつ意味わかんねー」

「金と時間のムダ。ムダのみ。」

 

って、本心でこころから言えるようになりたい。

 

今はまだ、全然飲みたい。が、残ってるから、まだまだスタート地点。

 

がんばろう、わたし!

なんとか今日も飲まずに就寝できそう!《禁酒9日目》

飲まないって、素晴らしい。

 

今日も、気持ちよく朝目覚めて、二日酔いの吐き気もせず

友達と海にダイビングしに朝一から出かけられた♪

 

だいたい、最近では出かける約束してても、気が滅入ってしまって

出かけるのやめて家で1人で飲んでる方が楽かな…

約束だけどキャンセルできるかな…(T_T)  

おぇっっ気持ち悪いしなー

吐き気するし気が滅入るから、酒買いに行かなきゃ……《悪循環》

 

なんて思ってたけど。改めて読むと本当にバカだな。笑

じゃあ最初から約束なんてしなきゃいいわけなんだけど。シラフの時約束してるから、その時は本当に行きたい!!って思ってる。

 

いざ!!

外でサッパリした頭でいろんなことをすると

たくさん友達や知り合いができたり

世の中の情報を、生身の体で感じることができたり。

いいとこがたくさん♪

 

家に帰る途中で

炭酸水や明日の朝飲むスムージー用のバナナなどを購入。

 

これで晩酌と朝からビールを回避しています!いまのところ 笑

そして、夜も少し仕事のリサーチや友達とのやりとりなど、ふだん夜できなかった事ができた。進歩進歩!!!( ^ω^ )

 

旦那もあたしにあわせてくれて

ノンアルコールビールを飲んでくれてる!!すごい。

 

本当にありがたい。これで、徐々に旦那もノンアルコールもできれば卒業してもらって

普通は共々、アルコールとは無縁の人生を歩んで行きたいと思っています!

うん、がんばる!! 

 

では、おやすみなさーい♪

祝 一週間断酒してまーす!

 

最初がつらい断酒。

 

飲酒歴19年のわたしは

最高でも3ヶ月しか持たなかった。

 

ほとんどは1ヶ月で断念。今回は、最後の断酒にしたい!!!

 

 

神様ーー私にちからを!!!笑

 

でも、とっても嬉しいことがあった。

 

私が今回断酒を決めてから、主人が一緒に晩酌をやめてくれている。

それは、今までで初めてのこと。

 

主人も、私の苦しみを

少し理解して、協力してくれてるんだと思うと、感謝のきもちがいっぱいで

絶対に、元に戻らない。

 

と、心に誓ってる。今は!うん、今は!いや、これからも、ずっと。

 

 

今は一番、スーパーのお酒コーナーを歩くのがつらい。

涙が出るほど、つらい。

 

がんばれ、自分。

 

やるべき事から逃げない《断酒5日目》

 

アルコール依存症の人はみんなそうなのかもしれないけど

お酒を飲んでると、それが最優先になってしまって。

 

何もできない。

そして自己嫌悪。もっとやるべき事があったはずなのに。

あのひとに連絡をしないと、とか。

 

でもはるか昔、お酒が楽しかった頃は、そうでもなかった気がする。

 

 

 

友達、旦那、家族、仕事。

 

「お酒よりも絶対に大事なもの」は、わたしのまわりにはたくさんあるんだ。

 

でも、酒飲みの悪循環にいったん堕ちてしまうと

一番の優先順位が「飲むこと」になってしまう。

それが、自分ではわかっているけどコントロールできない。

 

大事な友人との約束が急にめんどくさくなったり、

(運転しないといけないからそれまで酒が飲めない)

 

仕事を後回しにしたり。

 

そんな現実を、断酒5日目にして改めて思っています。

 

 

今日は、いろんなたまった連絡ごとや仕事がうまくできている。

本当に、健康に生きている事に感謝。

 

こんな私でも

大切に思ってくれて、一緒にいてくれる旦那さまに感謝。

何一つ、「素晴らしい妻」はできてないのに。

 

この人と巡り合えてから、自分を少し大事にしようと思えた。

 

 

それまでは、「酒で早死にしたっていいや。今が楽しければ。」

なんてバカな事思っていたけど。

 

まわりのひとのためにも

まずは自分がしっかりしないとね!!!

 

今日も、飲まない平和な1日でありますように。

昨日は危なかった《断酒4日目》

昨日は、1日の間に何度も

 

温泉いきたいなー。

そぅそぅ、温泉入って、その後冷たいビールで…一杯がうまいんだよなーあーいいなぁ…!!

 

あれ?

あ、私酒やめたんだった。笑

 

と、1人妄想アンドつっこみ。

 

来月東京に遊びに行く予定がある。いつも会う仲間と、新橋で焼き鳥とビールが楽しいんだよなー!!

 

あ、私酒やめたんだった。笑

 

なにしよう…

 

 

どのくらい、自分の生活の中に酒が入り込んでいたか。 やめてるからこそわかる。

 

これからが、戦いだ。

絶対勝つぞ!!!!

 

とりあえず平和《断酒3日目》

自分の課題であった、

「断酒でイライラしても、旦那や周りに当たらない」

「笑顔でいること」

 

とりあえず、今の所順調!!!

 

心がけひとつで、1日が変わる。

周りが変わる。

 

自分が変われば、世界が変わる!

大きく出てみた 笑

 

でもでもでも、、本当に、そうなんだと思う。

 

イライラしてる人と一緒にいると、自分までイライラしてくるのは当然の事。

この調子で、自分を幸せに、周りを幸せにできる自分になりたい。

 

 

朝から飲んでだころ。

朝起きて、酒。酒。酒。あった。。。ほっ

ほっとするのがおかしいんだけど、本当そんな感じ。

んで飲んでたら眠くなって、昼過ぎ起きて

やるべき事がたくさんあるのを横目に見ながらまた酒を買いに行って

飲んでしまう。。。悪循環で何もできなかった1日に、人生に絶望する。

 

今日も、酒に支配されない1日でありますように。

酒という悪霊を、私から取り除いてください。