読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代断酒ウーマンの記録

飲酒暦19年ウーマンの断酒記録です! 失敗しても、絶対あきらめない! 自分を変えるのは、自分しかいないから。親でも家族でも、医者でもない。最終的には、みんなの助けを借りながらも、自分の力で人生を手に入れる!でもそのためには孤独に耐えられない寂しがり屋の30代ウーマンのブログです。

大事な事が近づくと高まる飲酒欲求

私の悪いクセ。

 

やらなければいけないこと、大きなプレッシャーのかかる事があると

私はいつも以上にお酒を飲んでいました。

加えて、過食嘔吐も10代からずっとあったから、

もーメチャクチャ。肌もボロボロ。

 

過食嘔吐は、なんとか時間をかけて数年前に治りました。

 

たぶん、いつも精神的にプレッシャーに耐えられなくなって何かに逃げてたんだと思う。

 

本当は、そこから逃げずに、耐えて乗り越えるべきものを、乗り越えて来なかったのかもしれない。

 

大学時代の就職活動のときは、ひどかった。

 

なかなか内定が決まらなかったせいもあり、

ストレスで連日連チャンの、連続飲酒。

学生は時間の使い方もある程度自由なので、飲んでは寝て、飲んでは寝てを繰り返していた。

 

でも頭のどこかでは、就職活動をしなきゃヤバい。とは思っているので、

ビール片手に酔っぱらいながら履歴書を書いていた。笑

 

そんなやつが、第一志望に受かるはずもない!笑笑

 

今考えて見ても、本当にバカだなぁ…

バカすぎて本当にどうしようもない。今から過去に戻ってぶん殴ってやりたい。

 

でも、なんとか第20番目くらいの希望の会社に入ったけど(失礼w)

よくクビにならなかったなーと思うくらい、朝から酒臭く眠そうな顔でいつも仕事してた。連日の過食嘔吐だから常に胃も痛い。顔色も悪い。

 

本当はここよりもいい会社に入れたはずなのにな、とか。第一志望の最終面接の前の日飲みすぎなければ…とか。ネガティヴな事で常に頭いっぱい。

 

後悔先に立たず。とはこの事。

ずっとそんな気持ちだから、仕事にも身が入らずなんとなく毎日、酒と過食嘔吐に走っていた。

 

そこから、

運良くなんたかんだ転職したり、運良く結婚もしたりして、今がある。運よく大きな病気はまだ無い。

 

今振り返ってみると、

酒を飲んで、良かったことって、一つもなんじゃないか。

 

その代わり、失ったものは数え切れない。

ひととき、いい気分になったつもりでいても
結局は他の有意義なことに使えただろう大切な時間や、まわりの信頼や、自分のお金、健康などを沢山沢山、失ってきた。

 

いま、ちょうど仕事で大事な時期です。

ツラくて、プレッシャーもあるし、

飲酒欲求がムクムク来てるのがわかります。

 

いま、また酒という魔物に捕まってしまわないように、このブログを綴っています。

 

完璧を目指すな! できる範囲でいいんだ! 追い込みすぎるな! 人に任せられるところは任せろ! 

 

とにかく冷静になろう。

そして、今日が酒のない素晴らしい一日

ありますように。

 

f:id:bakakosan:20170404172807j:image